カテゴリー別アーカイブ: ファッション

メンズスーツはシルエットにこだわる

メンズスーツは意識してみないとそれぞれの違いが分かりにくかったりします。色もそれほど奇抜なものはなくブラックからグレー、ネイビー、ブラウンというダーク系のものがほとんどで、スーツの形というものも決まっています。

ぱっと見た違いで気付くのも前のボタンがシングルかダブルブレストのものか、パンツの裾がシングルかダブルかというぐらいではないでしょうか。もう少し細かく見ると襟まわりのラペルのデザインが違ったり、背中のスリットの位置でセンターメントやサイドベンツなどがあったりします。

そういった限られたデザインバリエーションのメンズスーツですが色彩や装飾などが特殊なものを使わないからこそシルエットの美しさというものが際立ってきます。サイズオーバーのものを着るとカジュアルのコーディネートのオーバーサイズ以上にだらしなく間延びした印象に。。。

スーツの上着は体の厚みを美しくみせるのでジャストサイズで体のラインがきれいに出るものを選ぶようにするといいですね。パンツも自然でジャケットや靴からの自然な流れになるようにすると全体で美しい着こなしになります。バックはコーチを愛用してますが、古くなったら宅配買取で売ってまた新しいコーチを買ってますよ。
コーチ買取はこちら

流行を取り入れたブリティッシュスーツ

自分が好きなスーツはブリティッシュスタイルのものです。濃紺やグレーをベースとしたカラーにストライプの入ったシングルジャケットのスーツです。

しかし最近はカラーや生地だけにこだわるのではなく、流行を取り入れたブリティッシュスーツを購入するようにしています。

伝統的なブリティッシュスーツはジャケットのボタンが3つであり、真ん中のボタンだけをかけて着用します。しかし最近では2つボタンのジャケットが流行っています。またウエストの絞りもかなり深く入ったものが人気を得ており、このような工夫は着用する人のスタイルをよく見せるというメリットをもたらします。

またパンツに関しても同様です。伝統的なブリティッシュパンツは2本のプリーツが内側に向かって入っています。しかし最近のパンツは細身であり、そのようなプリーツは入っていません。また股上も浅く、この点も伝統的なものとは異なります。

このようにかなりの違いはあるものの、ブリティッシュスーツの持つ上品さはそのまま受け継がれているために、おしゃれでかしこまった印象を与えることができます。